日身連事業紹介

前の画面へ戻る
 
 組 織  日身連は1958年6月23日創立。全国63都道府県・指定都市の障害者を中心とする当事者団体と社団法人日本オストミー協会、社団法人全日本難聴者・中途失聴者団体連合会の計65団体をもって構成。
 目 的  全国の障害者団体の組織活動の推進、障害者の保健・福祉の増進、社会活動への完全参加と平等の実現
 事業内容  この法人の日的を達成するため、次の事業を行う。

第二種社会福祉事業
(1)障害者の更生相談に関する事業
(2)障害者に係る社会福祉事業に関する連絡及び助成を行う事業

その他
(1)在宅障害者の団体組織の育成強化並びに助成
(2)障害者の福祉増進のための啓発、普及及び情報の収集提供
(3)障害者問題に対する調査研究及び図書刊行
(4)福祉機器の研究、開発及び普及
(5)団体の指導者、障害者相談員等の各種中央研修
(6)障害者社会参加促進等福祉推進のための事業
(7)その他この法人の目的達成のため必要な事業

 基本財産 3億2000万円
 主な事業活動 1) 日本身体障害者福祉大会の開催
・全国の障害者約5000人が一堂に会し開催する大会式典
・国や関係各機関に対する要望事項などを協議、採択する代表者会議の開催

2)中央障害者社会参加推進センター事業
・3障害者(身体障害者・知的障害者・精神障害者)共通の事業推進組織
・都道府県・指定都市社会参加推進センターの育成・指導と研修会の開催や情報提供
・障害者相談員活動強化のための各種情報提供
・「障害者110番」運営事業に関する研修会の開催や情報提供
・その他障害者の社会参加推進のために必要な事業

3) 障害者相談員活動強化事業
・身体障害者相談員全国連絡協議会(1999年設立)の運営事業
・中央身体障害者相談員研修会の開催
・全回各6ブロックで開催するブロック相談員研修会への助成事業

4) 障害者主体の障害者スポーツ振興事業
・都道府県・指定都市の障害者スポーツ協会の組織化
・全障害者のスポーツ振興のための全国組織化の準備

5)国際交流事業
・2003年から始まった「アジア太平洋障害者の十年」に続く新しい十年の推進事業と、国連においての障害者権利条約制定に向けた活動

6)JRジパング倶楽部推進事業
・JRジパング倶楽部〔身体障害者特別会員制度〕割引事務(申込窓ロは各都道府県・指定都市の「ジパング倶楽部取扱い団体」など)


前の画面へ戻る

社会福祉法人 日本身体障害者団体連合会
〒 171-0031 東京都豊島区目白 3-4-3
NISSINREN